対人支援者自身のキャリアデザイン教室

対人支援者の学び教室オープンイベント

対人支援者自身のキャリアデザイン教室を開催します

 

コンサルタント、カウンセラーなどの名称や肩書きや、フリーランスか会社員かなどの枠組みにとらわれず、人を支援している、人を支援したい、と考えている人の交流と学びの場をつくりたいとずっと思っていました。

 

私はカウンセラーをしてきて、支援者の一言で人生を変えるのだと痛感しています。支援者のたった一言がきっかけとなりその方が絶望に落ちることも、生きていく力になることもあります。その責任とやりがいはとても重く深いものだと感じています。
だからこそどんな形であれ、対人支援職を職業に選ぶということは、自分自身をもち、常に学び続け、反省と実践を繰り返すべきであると思うのです。

 

自身の領域以外にもいろんな支援の形があることを学んだり、支援のスキルを上げたり、支援者自身のキャリアを考えたり、支援者が抱える問題解決を考えたり、様々な学びと検討と交流の場としていきたいと考えています。ぜひ同じような思いのある方に参加していただきたいです。

 

3ヶ月に一度、定例会として「支援者自身の思い」をテーマに

【支援者自身のキャリアデザイン教室】を行っています。

ご都合よろしい回に何度でもご参加ください

 

第1回 3月15日(金) 18時30分〜20時 @麻布十番 【満員御礼】

 

第2回 4月28日(日) 13時30分〜15時 @秋葉原

 

キャリアコンサルタントなど、キャリアを専門とする人でも、自身のキャリアデザインを考える機会は少ないものです。

キャリアコンサルタントやキャリアコンサルタントになりたい、いう人はもちろん、社内で人事の仕事をしている、心理士や看護師、介護士として働いている、コンサルタントとして企業で働く人をサポートしている、スポーツインストラクターとして健康指導をしている、公務員として市民サービスを行なっている、など、対人支援をしている、対人支援を目指しているという方なら職種や勤務体系、所属などを問わず、どなたでも参加できます。

 

この【対人支援者の学び教室】への参加資格は「対人支援への熱い思いがあること

自分のために、ではなく、誰かのために、を強くもっていることです。

 

私たちは「支援者」であるということを忘れてはいけません。誰を支援したいのか、それはなぜか、がないならば、支援者として仕事をする必要はないとも言えます。

 

あなたは対人支援者として、どんな思いがありますか?

そして、この【支援者自身のキャリアデザイン教室】で、その「思い」を「見える形」にして、自分自身の今後のビジョンを明確にしてみませんか。